読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代フリーターの陸マイラー日記

20代半ばのフリーターが、ある日ふと急に思い立って陸マイラーになると決め、特に後先考えずにだらだらと書くブログです(^^;)

ANA銀嶺カードを発行した理由

 

ANA VISA Suicaをはじめとする三井住友のANAカードは現在入会キャンペーンを行っています。

前回の記事、

 

こちらの記事でANA VISA Suicaと一緒にもう一枚、銀嶺カードが届いたと書きましたが、銀嶺カードを発行した理由は、この入会キャンペーンにあります。

ANA VISA Suicaは最大で27000マイルもらえますが、その内の1000マイルは通常の入会ボーナスマイル。残りの26000マイルの内訳は入会キャンペーンのHPを見ると、次のようになっています。

f:id:kingdom4311:20160902111137p:plain

この画像のマイル数はプラチナカードのみにある1ポイント=15マイルコースで交換した場合のマイル数になるので、ANA VISA Suicaの場合は1ポイント=5マイルコースなら3分の1、10マイルコースなら3分の2のマイル数になります。

また、ANA VISA Suicaは家族カードがないため、対象となるのは残りの3つです。

つまり、

  1. リボ払いキャンペーン
  2. iD利用
  3. ANA銀嶺カード

まずリボ払いは、年会費の割引の対象ともなるマイペイすリボに登録したうえで半年以内に、

5万円以上利用→500ポイント

50万円以上利用→1600ポイント

がもらえます。

 

次にiD利用は、iD(携帯or専用カード)に申し込んだうえで半年以内に3万円以上利用すると、500ポイントがもらえます。

専用カードを発行しようかとも思いましたが、使っているケータイがdocomoなので、携帯のiDを使おうかなと思って専用カードは申し込みませんでした。

 

最後のこちらが、ANA銀嶺カードを発行した理由です。

ANA銀嶺カードを発行して半年以内に3万円以上利用すると、500ポイントがもらえます。

日本国内でも銀嶺カードが利用できる加盟店は増えてきています。

なので、たとえば家電を買おうとするときにビックカメラで銀嶺カードを使えば、500ポイントがもらえます。

1ポイント=10マイルで交換すれば5000マイルがもらえます。

 

 

半年以内で50万、毎月8万ちょいを利用するのはフリーターの身ではちょっと難しそうなので今回は5万の方を目指そうと思いますが、もしも光熱費とかの生活費を集めたり、家賃の支払いなどがクレジットカードで支払いが可能な場合は50万円を目指すともらえるマイルも3倍近くになりますので、目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

というわけで、まとめると

リボで5万円→500ポイント、

iD利用→500ポイント、

銀嶺カード→500ポイント、

計1500ポイント

1ポイント→10マイルコースで交換して15000マイルを獲得するのが目標です。

入会ボーナスを合わせると16000マイルになります(^▽^)/