読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代フリーターの陸マイラー日記

20代半ばのフリーターが、ある日ふと急に思い立って陸マイラーになると決め、特に後先考えずにだらだらと書くブログです(^^;)

ANAカードの種類(2)

この記事は、

kingdom4311.hatenablog.com

 こちらの続きになります。

 

前の記事で、フリーターでも作れるANAカードの一般カードには、

ANA一般カード

ANA TOP & ClubQ PASMO マスターカード

ANA To Me CARD PASMO JCB

ANA VISA Suica カード

ANA ワイドカード

の5種類があると書きました。今回はそれぞれのカードについて説明します。

 

ANA一般カード

クレジットカードのブランドによって、

VISA、MASTER、JCB、アメリカン・エキスプレス 、JCB ZEROの5枚があります。

 

VISA/MASTERとJCBはコースが2つ用意されており、1000円=1ポイント=5マイルor10マイルで交換することができます。

5マイルコースの方は無料で交換が可能です。

10マイルコースのほうはVISA/MASTERは6000円+税、JCBは5000円+税がかかります。が、これは実際にマイルを交換した年にかかるので、仮に二年に一回、まとめてマイルに交換するという方法をとればかかる費用は1/2になります。

 

アメリカン・エキスプレスは100円=1ポイント=1マイル、ただしANAグループでの支払いの場合は100円=1.5ポイント=1.5マイルなので1000円だと10倍の10マイル、ANAグループ分は15マイルがたまることになります。

しかしアメリカン・エキスプレスの場合はポイントをマイルに交換するためには【ポイント移行コース】というものに登録する必要があります。こちらが参加費6000円+税。

アメリカンエキスプレスの特徴は、このポイント移行コースに参加している間はポイントの有効期限が無期限になる、ということ。

しかし、ほかのカードの場合、有効期限がVISAのポイントでためて2年間、切れる直前にマイルに交換して3年間、最長で5年間は保有しておけると考えればそこまで必要ないかなというのが率直な意見なのと、ソラチカで毎月18000マイル貯められてちょくちょく特典と交換していけば「期限が切れてしまう・・・」というのもないかな、と思うので個人的にはあまり魅力はないです。

ちなみに、移行コースに参加していなくても有効期限は2年あるので、ほかの一般カードと同じように2年に一回だけ交換するという方法もあります。

そして、アメックスの最大の特徴は、その特典の多さです。

個人的に一番魅力的なのは、空港ラウンジが利用できるということ。

空港って、チェックインのためなどに早く行くけど、意外と時間をつぶすのが難しいんですよね。そんなとき、ラウンジが使えれば無料でソフトドリンクを飲めたり時間をつぶすことができます。通常は対象のブランドのゴールドカード以上のカードが必要ですがアメックスの場合は一般カードでも利用が可能&同伴者も1名まで利用可能です。

航空会社の上級会員になったりグレードの高い航空券を買って航空会社のラウンジを利用できる人は別ですが(^^;)

 

最後にJCB ZEROですが、このカードは年会費がかかりません。

そのかわり、ほかのカードに用意されている入会時と毎年更新のときにもらえるボーナスマイルがありません。

そして、1ポイント=5マイルにしか交換できません。ほかのカードの場合は、「意外と決済額が高くて二年間で1000ポイントもたまったから5000マイルに変えるよりも手数料払って10000マイルに変えたほうがお得だな♪」と思ってもこのカードの場合はそれができません。

よっぽどのことがない限り、ほかの4枚の中から選んだほうが良いと思います。

 

 

次に続きます。